« ディズニーランド♪ | トップページ | 音符をよむ! »

2014/11/20

読書

読書の秋だから・・・というわけではありませんが、最近読んだ本のご紹介です(゚▽゚*)Hon2

まずはこちら。

題名のない音楽会でおなじみ、指揮者の佐渡裕さんの著書です。

佐渡さんの本を読んだのは初めてですが、テレビで見るあたたかで優しい人柄、情熱的な音楽がそのまま溢れている誠実な文章で、佐渡さんの音楽観にますます惹かれました。

指揮者ってすごい!

これはきっと音楽をやっている人もやっていない人も、「音楽って・・」という根本のところで共感したり何かを感じたりできると思います。




・・・・とと、写真、でかすぎてゴメンナサイ( ̄▽ ̄)笑
サイズ間違えてしまいましたsweat01



















そしてこちらは絵本heart04
Hon

タイトルに惹かれて本屋さんで立ち読み。→意外な展開に最後はほっこり笑顔になったのでそのままレジへ・・!という絵本好きな私のよくあるパターンです(^-^;

おくりものは「ナンニモナイ」!
物が溢れかえり、物欲も深い現代、ハッとさせられます。

谷川俊太郎さんが訳っていうのも即買いしたポイントです(*´ェ`*)heart04



そしてちょっとオタッキー(?)なこちら。
Hon3

ドイツロマン派の作家、フーケー原作のウンディーネ。
アーサーラッカムの絵本です!

ドビュッシーのプレリュード第2巻のウンディーネ(水の精)はこのラッカムの絵本からインスピレーションを得たのではないかと言われているらしいです。

水の精といえば、森に迷った男の人を惑わせて水の中に引きずり込む・・・というちょっと怖い女のイメージがあったのですが、このウンディーネはどちらかというと真逆。

最初ラッカム特集の本であらすじを読んだとき、人魚姫に似てるなぁと思っていたら、この本の帯に「人魚姫の原典でもある」と書いてあり納得。

切なすぎる物語です。

ラッカムの絵は、やっぱり綺麗゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

昔から好きだった不思議の国のアリスの挿絵が実はラッカムだったと知ったのはつい何年か前ですが、だんだんと増えていって嬉しいなぁhappy02heart04

« ディズニーランド♪ | トップページ | 音符をよむ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/58045464

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« ディズニーランド♪ | トップページ | 音符をよむ! »