« 読書 | トップページ | ぐりとぐら »

2014/11/21

音符をよむ!

レッスンのお話。

音符が読める!ということは、ピアノを弾くうえでとても大切なこと。文字が読めるから本が読めるのと一緒です。
練習のストレスを軽減するためにも、音符の読みには力を入れたいと思っています。

音符がスラスラと読めるようになるまでには個人差があるのですが、なるべく早くに読めるようになるようにと、私もレッスンの中で譜読みの練習を工夫していますwinkflair

ノートを使って音符のたまに色塗りをしたり、模様読みの練習としていくつかの並んだ音符を読ませたり、いっことびの音を認識させるために「かん」「せん」それぞれ集めてみたり。

音符カードを使ったゲームも。こちらはカルタにしてみたり、順番通りに並べたり、もちろんフラッシュカードとしての使い方もします。

そして最近、効果が大きいかも?と感じているのがこちら!
Hajiki

五線譜におはじきをおいていくのですが、そのおはじきに絵符のシールを貼ってみました。

私は導入課程では江口寿子さんのメソードを使っているので、そのシールを貼っています。
最初は五線にヒントの色がついたものを使ったりして、イメージで覚えやすいように。



Hajiki2これは黒河好子さんのピアノサプリ「ぴあの鍵盤」というグッズです。ふわふわのスポンジの鍵盤!指の関節や手のひらの筋力をトレーニングするグッズなのですが、こんな使い方にも役立っています( ̄▽ ̄)shine

五線譜と鍵盤の両方に置いていくと連動して覚えやすいようです。

あ、フレデリック君もさりげなく登場(笑)


このぴあの鍵盤、第一関節がふにゃふにゃでつぶれてしまう子に効果があるグッズで、使い方の動画もあります。→こちら

昔と違って色々なグッズが出ていて面白いなぁと日々思う!
楽器屋さんで教材や楽譜を見始めると、時間を忘れて物色します(笑)

ちなみにフレデリック君も(私、大好きなんですがcatface)レッスンで活躍します。
むぎゅ~っとにぎったり、手首の柔らかさやコントロールのために投げてキャッチしたり、もちろん、ピアノの上からみんなが弾くのを観客として見てくれたり(!)( ´艸`)プププheart04

フレデリックといえばレオ=レオニさんの絵本なんですが、ピンとこない方は「スイミー」の作者さんです♪今も教科書に載ってますね~。

フレデリック君は、この他にもカラフルバージョンもあり(お手玉なのです)、全部で4体いるのですが、先日ある生徒ちゃんが
「これが弟でしょー(カラフル)、これがお姉ちゃんでしょー(カラフル)、これがお兄ちゃんでしょー(カラフル)、んで、これがおじいちゃん!(元祖フレデリック)」と仕分けしていたのがツボりました(*≧m≦*)笑

眠そうだからなのか、灰色だからなのか、突然おじいちゃん!笑

大活躍のフレデリック君たちですnotes

« 読書 | トップページ | ぐりとぐら »

コメント

Mikiko先生、コメントありがとうございます!先生のお教室は発表会を終えられたようで、お疲れ様でした(*^_^*) 記事、拝見させていただきましたが、和やかな雰囲気が伝わってきて、素敵でした。

最近の教材、グッズは本当に種類が豊富で、次々と新しいものが出てきますね!私は手作りが苦手なので既製品しか使えませんが、バスティンメソードだとお手玉を手作りするとか・・??
こちらも常に閃きを求めていきたいものです(*^_^*)

こんばんは
暫く来られなかったのでまとめ読みしてしまいました。
そして、初コメさせていただきます(^。^)

私が小さかった頃は考えられなかったようなグッズがいっぱい売っていますね。
それに、先生の手作りグッズは当たり前のようになってきて、頭を柔軟にしなくっちゃと奮闘してます。

また、遊びに来ますねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/58048272

この記事へのトラックバック一覧です: 音符をよむ!:

« 読書 | トップページ | ぐりとぐら »