« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/15

ドビュッシー。

発表会の講師演奏ではソロを弾かず、毎年連弾だったのですが、今年はソロを弾くつもりでドビュッシーをさらっています。

ドビュッシーの魅力の一つに、その多彩な響きがあると思うのですが、ドビュッシーを練習していて思うこと・・・。


いい香りがするんです・・・゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

(笑)



「変なこと言ってる!音に匂いなんてありません・・」なんて言わないでください(笑)

本当にいい香りがするような気がするんですよ~。

もちろん、感覚としてなんですが。




フランスの作曲家でデオダ・ド・セヴラック(1872~1921)という作曲家がいるのですが、ドビュッシーはこの作曲家のことを
「セヴラックの音楽はとても素敵な香りがする。心の襞(ひだ)の隅々まで、すべてが息づいている。」
と讃えたそうで。


とても素敵な色彩をもつ曲です。


フランスものは、こういった色彩や香りといった魅力が強く、私は大好きです。(といっても大学時代は、フランス系の先生に師事しながら、なぜか、先生にフランスものを見ていただくのがおそろしく(!?)避けていましたcoldsweats01・・。でも最初に恩師の演奏を聴いてノックアウトされたのはドビュッシー。今思えばおびえず、フランスものに取り組めば良かった・・笑  )


ドビュッシーの魅力については、まだまだ私はほんのわずかしか感じ取れていないのだと思っています。色々見えてきたらもっと深い魅力にたどり着けるんだろうなぁと。探求心をくすぐられる作曲家ですね(*´ェ`*)shine

よーし、がんばるぞ!








2014/10/12

ハロウィン。

自分が子供の時には、これほどハロウィンって話題になっていたかなぁ・・・・。

最近はクリスマスと同じように、日本でもハロウィンのイベントが当たり前のように行われていますね。

私はいまいち、流行に乗り切れておらず、9月には一年生の生徒ちゃんと

「先生~もうすぐハロウィンの季節だね!」

「あ、そうだね~!9月の終わりだっけ??」

「え・・。10月だよ(笑)」

という会話があったほど( ̄▽ ̄)sweat01

いけませんね(笑)



もともと、こういったイベントに対して腰が重く、ましてやあまり馴染みのないハロウィンの飾りつけは今までしよう!という気が起らずにいたのですが・・・。

今年は頑張ってみましたcatfaceshine(ちょっとだけ)



Harowin玄関の一部分をハロウィン仕様に。


暗闇で光るパネル、ハロウィンリース、ともにセリアさまにて。こういう時とても助かる100円ショップです(゚m゚*)


レッスン室のピアノにもちょっとだけハロウィンを施しましたsmile







Harowin2


カゴの中には彩り鮮やかなお菓子heart04

レッスンの終わりに頑張ったご褒美として持ち帰ってもらおーっと!






わー。なんだかちょっとワクワクしてきたぞ(笑)

と言っても、今回飾りつけを担当してくれたのは、ほとんど子供たち!私は何もしてませんが・・・ね(;´▽`A``


みなさま、楽しいハロウィンを!!




2014/10/11

運動会~(#^.^#)

今日は息子の幼稚園の運動会でした!

息子にとっては待ちに待った運動会。
緊張する~とかよりも楽しみ~の方が断然強い息子なので、それはもう、ワクワクしてこの日を迎えました(≧∇≦)

年中さんの競技は、和太鼓、パラバルーン、障害物走、の3つ。

息子の幼稚園では毎年、年中さんは和太鼓をやっています。この歳で和太鼓に触れられるのってすごく素敵なことだと思う。
母はこの和太鼓を何より楽しみにしておりましたhappy01shine


そして本番、シャキッと構え、堂々と和太鼓を叩く姿に惚れ惚れする親バカなワタシと、同じく「うちの孫が一番かっこいい!」な婆バカな我が母(笑)  (この際開き直りますが親バカ万歳!であります。)

ところが、そのメインの和太鼓以上に私の親バカを刺激してくれたのは、和太鼓退場の際のダンスでした( ̄▽ ̄)笑


前から

「和太鼓とねー、変なおじさん踊りやるのー。」

と言っていた息子。

志村けんの変なおじさんの振りに似ているから、先生がそう名付けたんだろうな~どんな踊りなのかな~・・・とは思っていたのですが、息子の「変なおじさんおどり」はあの変なおじさんそのものでした(笑)   私、母、そして娘、ともに爆笑`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
志村けんさんに負けないくらいのキレの良さ、腰の振り具合・・・。我が息子が、すくすくと良い子に育ってくれてるなぁとジーンとした瞬間でもありました(笑)←そこで?



さて、親バカな話題はさておき、やっぱり感動するのは年長さんの組体操!

小さな体で、しっかりとひとつひとつの演技を決めてくれるその姿は、素敵すぎる。それまでの努力がハッキリと見える競技だから、心を揺さぶるのでしょうね。

年長さんは、組体操、鼓笛、リレー、と見応えのある競技ばかりなので、来年が楽しみです゜.+:。(*´v`*)゜.+:。


2014/10/09

発表会に向けて

発表会に向けての練習が始まっています(o^-^o)

曲決めは、いつも私が色々弾いて聴かせてから本人が気に入ったものを選んだり、自分で弾きたい曲を言ってきてくれる子も。

それぞれ、弾きたい曲と向き合って練習を進めていくこの時期、生徒さんたちはもちろんのこと、教える私にとってもとても楽しい時期なのです(*≧m≦*)heart04

有名な曲に惹かれる子もいれば、あまり知られていないけれど素敵な曲(フランスものとか)をやってみたい!という子もいて、様々なプログラムになりそうです!

とてもユニークな個性を持っていていつも私を笑わせてくれるS君は、「曲名も大事!」と言っていて2曲とも植物つながりの曲名のものを選んでくれました(笑)
さすが・・・・・そこまで先生気づかなかったよ( ̄▽ ̄)sweat01
もちろん、曲も素敵なんですけどね。そのこだわりように脱帽!

フランスものの響きが好きで、いつかドビュッシーを弾きたい!と言っているAちゃんは、今年はショパンにチャレンジ!(ショパンはポーランド生まれの作曲家ですが、フランスで活躍した作曲家でもある。)弾きたい曲に出逢うと本当に活き活きと弾いてくれて嬉しいかぎりです。



あれこれ選んでいると「あ~どれもいいなぁ・・。迷う!」とか、ある曲に対してキラリと目が輝く子(即、「これ弾きたい!」という反応)、色々ですが、この曲決めの時のワクワク感は大人になっても同じです( ´艸`)shine
私、いつもワクワクしながら選びます(笑)



そーいえば。

自分の子供のころ、突拍子もないことを言って先生を困惑させてしまった記憶があります(笑)
以下、笑い話として読んでやってください笑

小5で始めた吹奏楽にハマっていた当時、その時吹奏楽でやっていた曲をピアノで弾きたくなった私。
先生に「発表会で弾きたいです!」と持っていったのは、なんとシューベルトの「未完成」交響曲のピアノアレンジ版・・・( Д) ゚ ゚
「未完成」ってもちろんとても素敵な名曲なんですが、長いし、当時の私がピアノで弾くなんてムボーすぎる・・・笑

優しい先生は困惑気味に「・・・・・んと、これはオーケストラの曲だから、ピアノの曲がいいかな・・」と苦笑い( ̄▽ ̄)sweat02

それならば!と、これまた吹奏楽でやっていたムソルグスキーの「展覧会の絵」(組曲なのでもちろん抜粋です)を「じゃあこれがいいです!」と持っていった強気なワタシ・・・。
これはもともとがピアノの曲なので先生もOKを出して下さいましたcoldsweats01

本当に弾くのが楽しくて、オケ版の展覧会の絵をビデオで観てイメージを膨らませたり、ノリノリで取り組んでましたが、なんと本番、まさかの冒頭から暗譜がふっとびハトのようにうろたえる・・という失態を犯したのでした  il||li _| ̄|○ il||liチーン

先生、ごめんなさい(笑)

色々な経験、すべて大事です!!(=゜ω゜)ノsweat01


12月の本番に向けて、どの子も(あ、大人も!)がんばれ~!!ヽ(´▽`)/heart04






2014/10/06

いもとようこさんの絵本

久しぶりに絵本を買い足しました。

絵本は、子供たちに与えるだけでなく自分自身が大好きなのでついつい増えてしまいますcatfaceheart04

今回購入した絵本はこちら!
Ehonオー・ヘンリー原作の「最後の一葉」をいもとようこさんが絵本にしたもの。

それと「泣けないサボテン」。←あ、こちらはいもとさんの絵本ではありません。


いもとようこさんの絵本は、あたたかさや優しさが伝わってくるだけでなく、感性を刺激してくれます。

「最後の一葉」は芸術や死といった、ちょっと重い・・というか暗いテーマのお話ですが、いもとさんの絵本になっていると、子供が読んだときに優しさを感じられると思うのでおすすめです。


いもとようこさんの絵本シリーズ、沢山出ていますね~。「てぶくろを買いに」「泣いたあかおに」なども持っていますが、色々欲しくなっちゃいます!
次はフランダースの犬、買おうかな(○゚ε゚○)

「泣けないサボテン」はきっと多くの人がそれなりに共感する本だと思います。

生きていて、心に傷を受けない人なんてほとんどいないと思いますが、私はこの本を「母」としての立場で読んで考えさせられるものがありました。

傷を受けても相手に仕返しをするのではなく、それを自分の強さに変えてけなげに美しい花を咲かせるサボテン、そんなサボテンをあたたかく見守り、助けが必要な時には支え、いつでも味方でいてくれる存在。


心がほわんとあったかくなるお話でした(*´ェ`*)

あぁ・・絵本大好きです。
絵本で家がつぶれないようにしなくては・・・です(笑)

2014/10/01

からだの調子をととのえる。

どーにもこーにも、背中や腰、肩の凝りがひどくて、先日初めての整体に行ってきました。

整体って施術直後はすごくスッキリするけどまたすぐ元に戻るから通わなくちゃならない・・・けっこうお高い・・・ということなどから、なかなか行く勇気がなかったのですが( ̄▽ ̄)sweat01

あまりにもコリがひどすぎて、気持ちまで暗くなりがちだったので(心と体はつながってますねー)急きょ友人から教えてもらったカラダファクトリー へ。

もともと猫背気味なところがあり、毎日のレッスンやピアノの練習で座りっぱなしなことも多く、左側だけに負担のかかることの多い私。  左側の筋肉、ガチガチでした(笑)辛いはず・・

「もっと早く来ればよかったのに・・・笑」と言われ、ホントだ!!と思いました(;´▽`A``


整体に行ってスッキリしても、その後の自分の生活のクセでまたすぐカラダはもとに戻りたがるそうで。
日々の心がけでいい状態に持っていくというのが大切みたいです。
しばらく続けて通うとこにしました。


整体に行って整えてもらうのは、そのいい状態を知る・・ということでもあるんでしょうね。
(大人の生徒さんとこういった話をしていて、ピアノの上達にすごく似てますね!という結論になりました( ´艸`)プププ←結局そこ(笑))

体の調整をしてもらって頭もほぐしてもらって、久しぶりに食欲がわきご飯が美味しかった・・・(*´ェ`*)heart04

食べる、寝る、動く、体の調子を良くするために大切な、基本的なことですねsweat01


皆様もお体大切に!!

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ