« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/29

ジョイント終了。

ジョイントリサイタル、なんとか無事終了しました。

色々思うことがあった今回の演奏会。

練習の段階でかなり慎重になっていて、楽しみに準備を進める一方で不安も隠しきれない感じでしたが、終わってみて思うことはやっぱりいつも同じ。

これからも演奏していきたいし、もっともっと素敵な演奏ができるようになっていきたい!!


家族が許してくれている限り、ピアノを弾いていきたいと思います(*^-^)



実は今回の演奏会には、地元のホールということもあって、私が小学生~中学生までお世話になっていたピアノの先生を招待させていただきました。

とにかく優しい先生で、何冊も本をやっていれば時間も長くなるのに、何も言わずにいつもレッスン時間を長く取って下さり、私がCDを借りたい!といえばかたっぱしから貸して下さいました。

発表会でも弾きたい曲を(長くても)弾かせて下さったり、制限をかけずに温かく見守って下さった恩師です。

中学3年で高校受験でピアノをやめることになった時、「次にピアノを再開する気になったらうちじゃなくて音大受験を視野に入れて先生を選びなさいね」といい意味で突き放して下さってことを覚えています。(←私は音高ではなく普通高校でした。)


実家のすぐ近くなんですが、お会いしたのは本当に久しぶり!

お元気そうな姿を拝見できてとても嬉しく、懐かしかったです(*^.^*)


先生にとってはたくさんいる生徒の中の一人でも、生徒にとってはその時習うのは一人の先生。それぞれの先生に習っていた数年間の記憶というのがその生徒の中に蓄積されていきます。

自分が先生として生徒と接する身になっている現在、私と出会った生徒の中に一人でも「あの時こうしてもらって良かった!」と思い出してもらえるような、そんな先生になりたいものです。

うちは母も父もクラシックに興味がない家庭だったため、小学生の時に出会ったブラスの先生(クラシック好きすぎてブラスバンドなのにオケの曲とかやってた笑)の影響と、このピアノの先生にCDをかたっぱしから借りていなければ、きっと本当に音楽が好きにはなっていないし、高校2年で新しくレッスンをお願いした先生の勧めがなければただ好きだっただけで音大には進んでいなかったかも知れません。

そして大学の時の恩師のおかげでピアノと真剣に向き合うようになり、今の自分がいます。

もちろん先生だけではなく、周りの友人にも刺激を受けたり助けられたり・・・。

そう考えるとつくづく、人間は一人で生きているわけではないことを感じます。



娘の幼稚園の時のお友達で、去年も今年も演奏会に来てくれたママ友達がいるのですが、その娘ちゃんもピアノをやっているそうで、将来はピアニストになりたいとか!!素敵shine こんなに小さいうちから夢を持っているなんて・・・。ぜひ頑張ってほしいです!


2013


カメラマンの酒井さんが聴きに来て下さり、知らないまに写真を撮っていて下さいました。(。・w・。 )





73522_488204667940683_88412123_n_2


お忙しい中、聴きに来て下さったみなさま、本当にありがとうございました!!

もっと楽しんでいただけるように、さらに精進していきます。






















2013/07/16

joint recital !!!

毎日暑いですね!

一時の猛暑と比べたら少し過ごしやすくなっていますが・・・。

熱中症にお気を付け下さい(>_<)



さて、いつの間にやらもう7月も半ば。

今月28日にやらせていただきます演奏会のご案内を再度させて下さいませhappy01heart04




2013_2


連弾あり、ソロありのプログラムです。

昨年は色々な時代・作曲家の全く異なる作品を集めてプログラムを組みましたが、今年は前半にモーツァルト/シューベルト/シューマンのドイツ系の作曲家、後半ではタイユフェール/ドビュッシー/フォーレ/プーランク/ラヴェル/ビゼーといったフランス系の作曲家でプログラムを組んでみました。


一緒にやらせていただく佐藤文雄氏は、大学の同門の友人で仲良くさせていただいておりますが、現在歌い手の伴奏ピアニストとして忙しい毎日を送っています。

文雄氏は和声感に長けていて、伴奏が好きということもあり、連弾を組む時は私がプリモ(上)、文雄氏がセコンド(下)を担当しているのですが、今回のリサイタル、アンコールでサプライズがあるかも・・・・・!?゚.+:。(・ω・)b゚.+:。




●W・A・モーツァルト:4手のためのソナタKv358 (連弾)
●W・A・モーツァルト:アンダンテと5つの変奏曲Kv501(連弾)

●F・シューベルト:即興曲 Op.90-2/Op.142-3 (小澤ソロ)

●R・シューマン:ノヴェレッテ 第8番 Op.21-8 (佐藤ソロ)

●G・タイユフェール:映像 (連弾)

●C・ドビュッシー:前奏曲集 第一巻より 「亜麻色の髪の乙女」
 
 
 G・フォーレ: 舟歌 第3番 Op.42  (小澤ソロ)

●F・プーランク:ノクターン 第1番
 M・ラヴェル:「鏡」より 道化師の朝の歌 (佐藤ソロ)

●G・ビゼー:子供の遊び(連弾)



今回私がソロで弾く曲の中で、フォーレという作曲家は、実は大学に入りたての頃から憧れはあったけれどなかなか手が出せずにいた作曲家です。 

今回やっと、チャレンジしてみる決心をしました。

フォーレは独特の転調が曲中に盛り込まれており、それが大きな魅力でもあるのですが、むずかしさでもあります。 でもその虹のように淡く変化していく色合いに強く惹かれています。 暗譜のむずかしさが私にとっては最大の難関で、もーーひたすら恐ろしくもあるのですが・・・((・(ェ)・;))

文雄氏が演奏する「道化師の朝の歌」はめちゃかっこいい曲です。私もいつか弾きたいとひそかに目論んでいますcatface

タイユフェールもぜひ知って頂きたい作曲家だし・・・・シューベルトも大好きだし・・・ビゼーの連弾も面白いし・・・ 書き始めたらキリがなくなる!


しかし7月に入ってから見た夢たち→①暗譜していたはずのソロが全く分からなくなる夢。②たくさん合わせたはずの連弾が合わなくなる夢。③お客さんが一人も来ない夢。

どんだけマイナス思考なんだ!!!・・と突っ込みたくなる夢ですが(笑) 私の心配性がしっかり夢に表れているようです(^-^;


暑い最中の演奏会になりますが、お時間ありましたら遊びに来てくださいませ。武蔵藤沢駅目の前になります。

あと2週間弱、じたばた頑張ろうと思います!



« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ