« Claude Debussy | トップページ | プリザーブドフラワー »

2012/12/19

練習について。

ピアノを勉強している立場として、またピアノを教えている立場として、練習について思うことあり・・・なのでつらつらと書いてみます。



ピアノに限らず、練習が必要な習い事はたくさんあります。学校の宿題なんかも同じ。

「練習が好き!宿題好きー!!o(*^▽^*)oshine
なんて思っている子供は少ないと思います。

人間楽な方が好きに決まってるので、ゲームか練習か・・・とか遊びか練習か・・・・といったらきっとほとんどの子供が練習より遊びの方を選びますよね。


私自身は小さい頃、毎日必ずピアノの練習をする・・・と躾けられており、単純な子供だったので何の疑問も持たずに毎日弾いていましたが、本当の意味で「練習が楽しい」と思うようになったのは大人になってから。それも、ここ数年のように思います。



うちの娘は大の練習嫌いで、声をかけてから練習を始めるまでにそりゃーもう時間がかかる(-"-)   何とかして逃げようと頭を使い(こんなことに使ってほしくない・・sweat02)ついに私がキレるとスゴスゴとピアノに向かうのですが・・・。

そんな感じなので、まぁそこそこ練習はしても「完璧!」な状態でレッスンを受けることはほぼないのです。

そして私自身も、子供時代を振り返って毎日練習していたとはいえ「完璧だっっ」と思ってレッスンに向かったことはありません。(繰り返すうちに知らない間に弾けるようになっていたということはありますが)





視点を変えて先生の立場で、「よく練習してきてるなぁ」と思う子のレッスンはもちろん楽しいしどう成長していくかワクワクしながらその子を見ているのですが、ふとした瞬間に「やめたい・・・」という言葉を聞くことが。

ものすごくビックリするしショッキングなのですが、このことについて考えているうちになんとなく見えてきたことがあります。



note「練習すればもっとうまくなる!」  という前向きな気持ちでの練習と、

typhoon「練習しないといけない・・・」   という強制的な気持ちでの練習。



前者は、「練習を重ねてうまくなっていく、発見していく楽しみ」がありワクワクしますが、後者はしんどいしうまくいかなかったときの葛藤が大きいんですよね。


(たぶん、うちの娘も後者の考えが強く、うまく弾けないと癇癪を起します。)



よく練習している・・・という事実の裏に隠された本人の葛藤に気付かないと、嫌いになってしまうケースが多いのかも知れない・・と、思いました。
(お母さまが「練習しないと先生に失礼だ・・・」と追いつめられてしまうパターンもありますが。)



自分のことを考えてみても「練習しなきゃ・・・・」と追いつめられている時は苦しさ一色で前向きにはなれません。


とはいえ、なんの葛藤もない人生なんてありえないと思うので、葛藤とうまく付き合っていくことも大切だと思います。(と、ここでお母さんの存在は大きいものになる。応援し、励ますことは子供にとって頑張るエネルギー元となります。母としての私はどうもここが苦手分野らしいのですが( ´・ω・`)down


私はレッスンで「毎日練習しなさい!」とか「絶対次までに仕上げてきなさい!」といったようなことは言いませんが、練習がものを言うということも死ぬほど分かっているので「練習すれば弾けるようになるよ」とか「練習しておいでー」とは言います。

この言葉が本人の中でどう変換されるか・・・・・それを観察していくのも大事なことだなと思いました。




先日、こういった思考回路を変えるためにはどうしたらいいかを考えていてひとつ、娘に話したことがあります。


「豆の木を育てていく」ということ。

●何かを習うということは自分の豆の木の種をまいた・・・ということ。

●毎日の練習は豆の木を育てるための水やりであり、レッスンや周りの人のアドバイスは豆の木を育てるための肥料のようなもの。

●豆の木はどこで終わるということがなく、本人次第でどこまでも伸び続けていくもの。(だからこそ面白い)

●私自身も、まだまだ豆の木を伸ばしていきたいと思っている!ということ。






・・・・・・・・この話がどこまで娘に理解できたかはわかりませんが、少しずつ前向きになっていってくれればいいなぁ。なんて思う日々です。( ̄▽ ̄)sweat01

« Claude Debussy | トップページ | プリザーブドフラワー »

コメント

まりんご☆
豆の木の話、聞いた時は何か心境の変化があるような感じにも見えるんだけど、なにぶん物忘れの激しい娘なのでどうかな~・・・?(^_^;)笑

まりんごのアドバイス、すごい効果的じゃん。

うちはどうしてもピアノに関しては親子の争いが生じてしまうので、悩みの種です。娘を応援する立場ってのがなかなか難しい。どうしても母目線より先生や先輩目線で見てしまうんだよね。
娘にとっては嫌だろうなぁ・・と思いつつ、でもやっぱりある程度弾けるようになって欲しいという母の勝手な希望もあり。

とはいえ、全然レベルの低い話なんだ。(-_-;)
とりあえず、自分で音符を読んで自分で練習できるようになってほしい・・・・(-"-)甘え過ぎ!

私も練習嫌いだったな〜down
豆の木のお話、娘ちゃんは心に残ると思う!!
素敵なママ〜lovely
私は葛藤と言うより、面倒だっただけww

最近のうちの娘の場合、
ピアノいいの?弾いとかないとね〜と声をかければやる。

ママ知らないよー弾けなくなっても!別にママの人生じゃないし〜。と怒り気味になるとやっとやる。

何日か放っておいて、実際指が動かなくなってから「毎日練習した方がやっぱり指が動くんだね〜」と言うと毎日やろうと言う気になる。
というのの繰り返しな気が…

真ん中あたり、かなり嫌みな母(笑)
クラシックも弾き出してから、葛藤らしきものが見えるから、
maiちゃんみたいにじっくり話してみるのもいいねnote
参考になったよーheart01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/48382252

この記事へのトラックバック一覧です: 練習について。:

« Claude Debussy | トップページ | プリザーブドフラワー »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ