« あっという間に過ぎてゆく日々・・・ | トップページ | 嬉しいサプライズ!! »

2012/05/04

ダンシング・チャップリン

先日、その存在を知って数秒で購入に至った「ダンシング・チャップリン」という映画。
ご存知の方も多いと思いますが、周防監督が撮ったバレエのドキュメンタリー映画です。


振付師のローラン・プティがダンサーのルイジ・ボニーノのために作ったチャップリンのバレエ。
それを映画化したものがこの映画ですshine




大学生の時、大して考えもせず感覚的(基本、感覚に頼る人間なので・・・)に「観に行きたいな~」と思って足を運んだ、ローラン・プティのバレエの舞台がありました。

その中にルイジ・ボニーノのチャップリンもあって、これまた感覚的に「ローランプティ」「ルイジ・ボニーノ」が素晴らしい!好きだなー!!゚.+:。(・ω・)゚.+:。・・・・・と感じた経験があるのですが、なぜか数日前にそのことをふと思い出し、ネットでルイジ・ボニーノのチャップリンの動画を探しました。

http://www.wat.tv/video/luigi-bonino-en-charlot-wmuy_2fgqp_.html


その時にこの映画のことを知り、本当に数秒でネットお買い上げ!( ̄▽ ̄)
便利な世の中に感謝。





で、この映画なんですが、すごーく面白かったです!!

第一幕と第二幕に分かれていて(舞台みたいhappy02)、一幕はこの映画を撮るまでのドキュメンタリー。
二幕がダンスシーンになっています。


一幕ではヒロインの草刈民代さんとルイジ・ボニーノ(や、他のダンサー)の稽古のシーンが見られてとても興味深かったです。
ルイジ・ボニーノはダンサーとしての技術も素晴らしいけれど、人間としても本当に素敵な方で心惹かれました。
素晴らしい芸術家!!(≧∇≦)shineshineshineshine



草刈民代さんも本当に真摯にバレエと向き合ってる方で、舞台でのあの信じられないほどの美しさの根本にあるものが見えて感動・・・weep
ああいった女性に少しでも近づきたいものです。


ローラン・プティはボニーノの舞台を観て「君のためにチャップリンのバレエをつくる!」と閃いたそうですが、本当にルイジ・ボニーノ以外にチャップリンを演じられる人なんて存在しないんじゃないかと思う。
ボニーノはチャップリンの映画をたくさん観るように勧められたけれど、結局観れなかったらしいです。畏れ多くて。

それだけに、ボニーノの演じるチャップリンは絶対彼にしかできない素晴らしい演目だと思います。


ルイジ・ボニーノも草刈民代さんも、バレエを踊るというよりは演じることに一貫していて、そこにはもうテクニックの難しさなんて少しも感じられない・・・・。観ている側がその世界に入り込んで感動できるというのはそういうことなんだと、改めて思いました。



本当に面白い映画でした!!

興味のある方は是非にo(*^▽^*)o

あ、チャップリンの映画自体を知らなくてももちろん楽しめますが、チャップリンの映画も素晴らしいので機会があったら観てみてくださいねhappy02


« あっという間に過ぎてゆく日々・・・ | トップページ | 嬉しいサプライズ!! »

コメント

Earl Greyさん

そうだよね。チャップリンほどのアーティストになると、単なる真似っこだと敬意が感じられなくなるし・・・。でも本当、ボニーノのチャップリンは素敵だと思う!

ダンシング・チャップリン、よければ貸すよ~☆

NHKの深夜放送で観たコッぺリアの印象が強くて、今までプティ=コッぺリアのイメージだったわ。
ダンシング・チャップリン、面白そう。
チャップリンは彼自身が完成された役者だから、彼を演じる、というのは本当に難しいだろうね。
それにしても、最近深夜は起きていられないからバレエ番組も観られない…。昔は番組で観る→実際観に行く、なんて事もしていたのになぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/45125552

この記事へのトラックバック一覧です: ダンシング・チャップリン:

« あっという間に過ぎてゆく日々・・・ | トップページ | 嬉しいサプライズ!! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ