« 節電。 | トップページ | 草野マサムネさん »

2011/03/26

じぶんにできること。

地震発生以来、多くの人が心の中に持っている思いだと思います。

自分にできることをしよう。

少しでも力になりたい。


芸能人や企業では義援金を寄付するところも多く、外国からも寄付金が多く集まっているようで日本人の一人として本当にありがたく嬉しいことだと思います。

私も、少しずつではあるけれど店舗やネットで募金箱を見つけたら参加するようにしています。



でも、こうして外に目を向ける一方で、母として身近にいる子供たちのことも考えなくてはなりませんねsweat01


いや、むしろ母親として一番大切なところはそこかもしれません・・・。







実は、地震が起きた直後からかなり神経質になっていた私。despair

テレビで情報を得ようと、ほぼニュースをつけっぱなしにして悲惨な映像を見続けていました。


テレビでの映像を見過ぎると自分も被災したような感覚に陥り、気持ちが不安定になったり暗くなったりすることがあるそうです。

子供にはあまり見せない方がいいという意見も多いですね。


うちは、私が自らその状態に陥ってしまったようで、子供たちが明るくしている中、神経をとがらせていました。(u_u。)



娘の幼稚園は、大事をとって最後の2日は自由参加、その前はお休み・・・ということになったのですが、私は心配で自由参加の日さえ休ませようとしており。。。

お友達のママに「子供を遊ばせてあげたいから行かせる」という意見を聞いてもなかなか踏み切れず、結局一日は休ませてしまいました。(最後は娘の希望もあり行かせましたが・・。)



でも、

心配だとか不安だとか、親がそんな状態にある時ほど、子供が不安定になる時ってありませんよね。


幼稚園から頂いたお手紙にも、子供のケアとして、「子供の日常はなるべく大切にしましょう」といった趣旨のことが書かれていました。






節電も、募金も、一人一人ができる大切なこと。

でも、それ以上に「お母さん」は自分の子供たちの日常を守ることが大切なのですね。





計画停電での混乱を避けるため、(また、心の奥では、こんなに世の中が大変な今、ピアノレッスンをやるべきなのか??という葛藤があったこともあり)お休みにしていたレッスンも、再開しました。


みんなが笑顔で楽しくレッスンに通って来てくれる様子を見て、今この状況だからこそ楽しいレッスンをすることが「ピアノの先生」としてできる最善のことなんだなと再認識しました。





母としても、先生としても、子供たちの笑顔は守らなくてはならない!

まさにその逆をしていた私でしたが、今は本当にそう思います。weep




まだまだ関東でも混乱が続きそうですが、被災地での活動の進展をお祈り致します。

« 節電。 | トップページ | 草野マサムネさん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/39376285

この記事へのトラックバック一覧です: じぶんにできること。:

« 節電。 | トップページ | 草野マサムネさん »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ