« ハートキャッチプリキュア・ミュージカルショー。 | トップページ | 幼稚園からの帰り道。 »

2011/01/30

その子のペース。

こどもの成長には本当にその子自身のペースがあるということ。

これって、子育てやピアノを教えていて、まさに実感する毎日です。





生徒さんの一人、S君は年中さん。

ある時期まで、なかなか音符の区別がつかず「ド」は分かるけど「レ」と「ミ」の区別がつかない(ドは形で分かる)ようで、お母様が「自分で読めるようになってほしいのに、なかなか読めなくて・・・」とおっしゃっていました。

音符カードを使ってみても、音符の色塗りをさせてみても、なかなか本人の興味がわかず・・・・。

う~んsweat01

今のところ、音符にあまり興味ナシだな~~(。・w・。 )


なんて思っていました。




ところが最近、メキメキとうまくなっているS君。shine

音符の色塗りも一人でできるし、(もちろん「レ」と「ミ」の区別は簡単につくようになってるし、他の音符も。)弾くことについても、スラーが上手になってなめらかに弾けるようになったり上達を見せてくれています。

そしてこの子のいいところは、

「ちょっとココがうまくいかないね~」とか「こういう風に弾けたらいいね」などと注文を出すと、

「うん。じゃあお家で練習してくるよ!」

と、きちんとお家での練習の意味を理解していること。


お母様もおっしゃっていたのですが、「家で練習していてなかなか弾けないところがあっても、何日か経つと弾けるようになってる」そうで。

これは、本人の意識の中で「ちゃんと弾けるようになりたい」という気持ちがあってこそだと思うので、とてもいいことだと思うのです。happy01





もちろん、この生徒さんの例は一例で、それぞれにみんな自分のペースで頑張っています。

レッスンで弾けないとくやしそうにする子もいれば、「練習できなかった~」といいながらも先週よりうまくなってる子がいたり。
自分から進んで暗譜してくる子がいたり、何か知ってる曲を耳コピーで弾けるようになって喜んでいる子がいたり。


それぞれ、キラキラしていていいなぁ~と、子供ならではの音楽との付き合い方に羨ましく思ったりもします。catface

ちなみに、私自身の子供の頃は、曲や本が変わるたびにウキウキした記憶があります。次はどんな曲かなぁ(゚▽゚*)などと、すぐに譜読みを始めたものです。




こどもそれぞれのペース。

うちの娘も、ひらがなを覚えたのはまさにS君の音符と同じく、「興味」のタイミングでした。


幼稚園に入った時はまるで読めなかった娘。

読む気すら全くなく、いちいち私に聞いてきていました。

ところが、お友達からお手紙をもらうようになり、自分もお手紙を書きたい!!という気持ちが芽生えてからはメキメキ!!


あっという間にひらがなの読み書きをほぼマスターしてしまいましたcoldsweats01

あれほど私が「覚えなさ~い!!」と言ってもやる気なしだったのに・・・・・。

やっぱり本人の興味の問題なんだなぁと実感した一コマでした。( ̄▽ ̄)









« ハートキャッチプリキュア・ミュージカルショー。 | トップページ | 幼稚園からの帰り道。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/38662257

この記事へのトラックバック一覧です: その子のペース。:

« ハートキャッチプリキュア・ミュージカルショー。 | トップページ | 幼稚園からの帰り道。 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ