« かおノート。 | トップページ | ブルグミュラー 25の練習曲 »

2010/12/06

「表現発表雪の会」という名のお遊戯会。

今日は、娘が初めてのお遊戯会でした。

武蔵野幼稚園では、「表現発表会」という名前がついています。

春は「桃の会」、冬は「雪の会」。

なんとなく風情があって素敵confidentshine






音大なので、音楽にちなんだ発表が多く、

●木琴&歌
●バイオリン(年長さんはみんな、通常保育でバイオリンに触れる)
●歌や楽器を含んだ劇
●オルフの要素を含んだパネルシアター
●合奏&歌
●オペレッタ(・・・という名がついた、歌中心の劇sweat01

などでした。



うちの娘のクラスは、最後に書いた「オペレッタ」。

修業が嫌いな忍者の男の子が、枝から落ちてしまったひばりの赤ちゃんや、イタズラされて尻尾を結ばれてしまった子猫ちゃんを助けることで大きく成長する・・・・という筋書きの劇。

娘の役は・・・・・・子猫ちゃんでしたcat

(クラス全員が「忍者」か「ひばり」か「子猫」に分かれます)




ちょっと恥ずかしそうだったけれど、頑張って歌や振りを踊っていました(。・w・。 )note




しかし、お遊戯会となると二つのタイプに分かれますね~。

☆舞台に立つことが嬉しくて大きな口を開けて一生懸命歌ったりセリフを言ったりする子。踊りの振り付けも大きく元気いっぱい!

のタイプと・・・

☆人前に出るだけでちょっと恥ずかしそうで、口をもごもごさせながらみんなの歌に紛れて歌う子。振り付けもお友達を見ながら恥ずかしそう・・・・。

のタイプ。


うちの娘は明らかに、後者でした(^-^;



まぁ、「今のところ」ということなので、今後に期待!







私も子供の頃、ものすごい引っ込み思案だったのです。(今も人前に出るのは得意ではないですが・・・)

バレエ&ダンスを習っていたんだけれど、小学校までの発表会のビデオを見ると、あまりの振りの小ささに恥ずかしくなります・・・。顔も無表情で、舞台というものを全く意識しておらずsweat02



その後、「舞台」の面白さを理解してから、表情や振りが変わってきました。


これは今でも役に立っていて、ピアノを弾く時も「舞台」を意識することで少し緊張がおさまったりします。






幼稚園のうちから舞台上で生き生きしている子供たちは、今後が楽しみですね~shine

息子はそっちのタイプかも知れない・・・・もしかしたら・・・(;´▽`A``

今のところ、かなりの目立ちたがり屋ですsweat01

« かおノート。 | トップページ | ブルグミュラー 25の練習曲 »

コメント

>HSPTさま
ご訪問&コメントありがとうございますnotes
コミュニティ、興味があったので登録させて頂きました。
20世紀のピアニスト、大好きです。HSPTさんのプロフィールにありましたが、ヴェデルニコフいいですよね!私も好きです。コルトーもhappy01

はじめまして。

雪の会

桃の会

仰るとおり風情があっていい感じですね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342367/37972525

この記事へのトラックバック一覧です: 「表現発表雪の会」という名のお遊戯会。:

« かおノート。 | トップページ | ブルグミュラー 25の練習曲 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ