« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/28

クリスマス。

・・・って、だいぶ過ぎ去ってますが・・・coldsweats01

なにやら忙しく、なかなか記事をかけずにいました。

やっと年賀状も書き終えたので、久しぶりにパソコンに向かいます!






今年のクリスマスは、パパの仕事の休みの関係で一週間前に家族でのお祝いをしました。



今年の初体験。


それは、私にとっても、もちろん子供たちにとっても初めての、

アイスケーキ!!!o(*^▽^*)o




普段からアイスが大好きな子供たちの強い要望により、始めは反対していたパパを見事説得。

サーティーワンでハート形のアイスケーキを購入しましたheart04



写真を撮ってなかったのが残念ですが、アイスケーキにろうそくを立て、明かりを消してお誕生日のように「フーッッ」と吹き消させて、美味しく頂きました~。(ちなみに、残るかなと思いきや4人であっという間に完食でした・・・sweat01


アイスケーキってただのアイスかと思っていたけど、(いや、アイスなんだけど)、やっぱりケーキにしてあると特別な感じがしてけっこういいもんですね~shine

美味しかった!!






そしてそして、一番大切なサンタさんは・・・・



今年は24日の朝に来ちゃいました(笑)


何日も前からカレンダーを見ながら

「サンタさんはいつ来るの??」

と聞いてきた娘。



「24の朝か、25の朝に来るよ~。どっちだろうね~(*^m^)」

なんて答えていましたが、

日にちが近付くにつれ、

「サンタさんサンタさん、どうか24の日に来て下さい!」

と手を合わせていた娘。


ただ単に、「早くもらいたい」という理由からですが・・・。


そんな希望に応え、24日の朝に玄関にサンタさんからのプレゼント。



朝、

「ゆうちゃん、ゆうちゃん」

と娘に声を何度かけても返事をせずに寝ていたのに、

「サンタさん来たかどうか、見てきてみれば?」


と言った途端、飛び起きて玄関に走って行きました( ̄▽ ̄)sweat02



娘は、リカちゃんのおうちをゲット。

息子は、まだ希望を言えないので大好きなアンパンマンのシューズをゲットしました。



ちなみに、娘の「リカちゃんのおうち」にはりかちゃんは付いていないので、リカちゃん人形は母である私からプレゼントするはめになりました。トホホ・・・・

サンタさんも大変です(u_u。)






みなさまはどんなクリスマスを過ごしたのでしょうか。

子供たちは夢があっていいですね!!happy01shine

2010/12/15

ガトーフェスタハラダ

ガトーフェスタハラダ
お友達から頂きましたhappy01
ガトーフェスタハラダのラスク、ホワイトチョコレートバージョン!!

普通のシンプルなラスクも絶品だけど、ホワイトもとっても美味しいぃぃ(>∀<)shine

冷蔵庫で冷やして、固まったホワイトチョコレートとラスクの歯触りのバランスがたまりません〜heart04

今の季節にピッタリかも!

すっかりハラダのラスクの虜になりましたが、オンラインショッピングはしばらく休止らしいです。注文殺到なんだって。

そりゃそーだ。

美味しすぎるもの…

2010/12/07

ブルグミュラー 25の練習曲

先日ヤマハを物色していた時に、こんな本を発見しました!Iwasaki

ブルグミュラーの25の練習曲は、目安としてはバイエル修了後に取り組む本です。練習曲とはいえ、素敵な曲になっているので「曲集」として扱う方も多いのでは・・・。happy01

発表会で弾かれることも多いですね。

有名なところで「アラベスク」や「乗馬」などがあります。



私が子供の時には全音出版社の普通のブルーの表紙のものを使いましたが、今はたくさん種類があるんですね~。

ミッキーの絵が描かれた子供向けのものもありました。





そんな沢山ある中で、このいわさきちひろさんの絵が描かれたブルグミュラーには惹かれました(*≧m≦*)heart04

優しいタッチと色遣いで描かれるいわさきちひろさんの絵、大好きです。

この教本には、各ページに挿絵があるわけではありませんが、いくつかの曲に対応した絵が添えられており、一番最初のページに載っています。

Chihiro こんな感じ。




子供たちが取り組む時に、絵を見てそれぞれイメージをふくらませてくれたらいいなぁ~と思い、即買いしましたshine




音符も、少し大きめのサイズになっており、見やすいです。

小さな子が取り組むにはすごくいいと思いますnote




ヤマハに行くと、色々見ているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいます。

この間は、ちょうど息子がベビーカーで爆睡してくれたのでゆっくり見れたぁ( ^ω^ )notes

親孝行な子!catface

2010/12/06

「表現発表雪の会」という名のお遊戯会。

今日は、娘が初めてのお遊戯会でした。

武蔵野幼稚園では、「表現発表会」という名前がついています。

春は「桃の会」、冬は「雪の会」。

なんとなく風情があって素敵confidentshine






音大なので、音楽にちなんだ発表が多く、

●木琴&歌
●バイオリン(年長さんはみんな、通常保育でバイオリンに触れる)
●歌や楽器を含んだ劇
●オルフの要素を含んだパネルシアター
●合奏&歌
●オペレッタ(・・・という名がついた、歌中心の劇sweat01

などでした。



うちの娘のクラスは、最後に書いた「オペレッタ」。

修業が嫌いな忍者の男の子が、枝から落ちてしまったひばりの赤ちゃんや、イタズラされて尻尾を結ばれてしまった子猫ちゃんを助けることで大きく成長する・・・・という筋書きの劇。

娘の役は・・・・・・子猫ちゃんでしたcat

(クラス全員が「忍者」か「ひばり」か「子猫」に分かれます)




ちょっと恥ずかしそうだったけれど、頑張って歌や振りを踊っていました(。・w・。 )note




しかし、お遊戯会となると二つのタイプに分かれますね~。

☆舞台に立つことが嬉しくて大きな口を開けて一生懸命歌ったりセリフを言ったりする子。踊りの振り付けも大きく元気いっぱい!

のタイプと・・・

☆人前に出るだけでちょっと恥ずかしそうで、口をもごもごさせながらみんなの歌に紛れて歌う子。振り付けもお友達を見ながら恥ずかしそう・・・・。

のタイプ。


うちの娘は明らかに、後者でした(^-^;



まぁ、「今のところ」ということなので、今後に期待!







私も子供の頃、ものすごい引っ込み思案だったのです。(今も人前に出るのは得意ではないですが・・・)

バレエ&ダンスを習っていたんだけれど、小学校までの発表会のビデオを見ると、あまりの振りの小ささに恥ずかしくなります・・・。顔も無表情で、舞台というものを全く意識しておらずsweat02



その後、「舞台」の面白さを理解してから、表情や振りが変わってきました。


これは今でも役に立っていて、ピアノを弾く時も「舞台」を意識することで少し緊張がおさまったりします。






幼稚園のうちから舞台上で生き生きしている子供たちは、今後が楽しみですね~shine

息子はそっちのタイプかも知れない・・・・もしかしたら・・・(;´▽`A``

今のところ、かなりの目立ちたがり屋ですsweat01

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ