« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/28

かおノート。

かおノート、ご存知でしょうか?Kaonote


面白いですcatfacenotes


色々な「かおの土台」が、一ページごとに書いてあり、そこに付属の顔パーツシールを貼ったり自由に絵を描いたりして自分だけの「かお」を完成していくもの。





こういうのはやっぱり、子供が作った方が断然オモシロイ。






Kao3 一歳半のむすこ作。











Kao4






わたしが作ると、どうしても「顔」として整えようとしてしまいます。

大人はここらへん、柔軟さが足りないですね~。











Kao5 これもむすこ作。

各パーツがバラバラについているのが、なんとも言えない素敵なバランス。


狙ってないのが、いい効果を生みます。

ちなみに、これと上の作品については、一応母は「次は目だよ。どれがいい?」等とシール選びのお手伝いをしてしまいました。








Kao2

これはむすめ作。

各パーツの「定位置」は知っているものの、チョイスするパーツの種類がなかなかナイス。







Kao1



これは、全くの自由に「貼りたいものを貼れ!」という感じで息子にやらせてみたもの。


オバケ・・・・?Σ(;・∀・)

目ばかりが多い・・・。









先日、西武に行った時にたまたま見つけたものですが、本当におもしろいshine



おススメですo(*^▽^*)onotes

2010/11/27

リトミック体験♪

娘が2歳半~4歳くらいまで、リトミックの教室に通っていました。

息子を妊娠してツワリがひどくなりお休み、その後切迫流産で入院したりしてなかなか体調が安定しなかったため、そのまま辞める形をとってしまったのですが・・・・。(ちょっと場所が家から遠い)




今日はその教室に、息子が体験レッスンに行ってきましたhappy02


突然辞める形になったにも関わらず、なかなか手続きに行けなかった私に「お月謝はストップしますね」と言って下さり(普通、個人教室でない場合は手続きしないとお月謝払うハメになってしまうのですが・・・)、安定期に入ってから手続きに行った際には安産祈願のお守りまで下さった先生shine

優しい先生が、娘も大好きでした。






息子も1歳半になり、家の中で走り回ることが多くなってきたので習わせることにsmile



自転車を漕いで漕いで、息を切らせながら教室に着くと、立ちはだかる長い階段・・・・(゚ー゚;

(実はこの階段が苦手!)


まだちゃんと登れないので抱っこして行きたいところですが、息子は抱っこさせてくれず自分で登る!と。

手をギュウウと握り、自分も壁につかまりながら、やっとこさで上まで登る。(息子は手をつきながら・・ね)


なぜ階段が苦手かと言うと、高所恐怖なんですネ・・わたし。coldsweats01

後ろ振り返れましぇん。。。。

子供と一緒に登るときは、自分一人の時より断然怖さが増すので、本当に汗だくになって登りますsweat01




教室に入ると、息子は少しビックリしたようでした。

が、輪に入り、照れながらも参加し始めた息子。


リトミックはママも一緒に遊ぶので、ママがどれだけ楽しめるかも大きなポイント!


私も汗だくながら、楽しみましたbleah




体験レッスンが終わるころには、すっかりお友達や教室の雰囲気になじみ、初めてとは思えないほど自分を出し始めた息子。

途中、先生のお顔を至近距離でじーーーっと見つめたりするシーンもあり(笑)、リトミックを好きになってくれたようですcatface





娘の時は慣れるまでに少し時間がかかったけれど、息子は大丈夫みたい(^-^;dash

性格の違いは、先生もお気づきになったようでした。





お初の習い事shine

これから楽しみです!

(行くまでが一苦労だけど)

2010/11/23

「ママが悪い」。

最近、よく娘を怒ります。(`◇´*)



だいたい原因はいつも決まっていて、


「ご飯を食べないrestaurant
「弟に対して優しくしないpig
「出したおもちゃを片付けないsoccer
「ダダをこねるpout


こんなもんなんだけど・・・・・。





先日、怒っても怒っても言うことを聞かない娘に、

私の怒りが爆発!(#`Д´)thunder



爆発しすぎて、

さすがに娘が泣いた。(笑)





でも、

でもね。


泣きながらも、怒りながら歯向かってくるのですwobblyうちの子。

強い!






私も、シュ~っとクールダウンしてから、色々考えてみて、

怒りモードじゃラチあかん・・・と思い、冷静に話し合ってみた。


お風呂の中だと、お互いリラックスして話せるのよね。spa


わたし「悪いと思ってる?」

むすめ「ううん。」

わたし「じゃあ何でママは怒ったのかな?」

むすめ「・・・・・・・」

わたし「ママが悪いと思う?自分が悪いと思う?」

むすめ「ママ。」(これはかなりの即答だったdash

わたし「・・・・・・!」





・・・実はこの会話、少し前にもあった。

「ママが怒ったのは自分が悪いことをしたからではなく、怒ったママが悪い。」

という思考回路。


むむっと思いつつも、そこは冷静に、



わたし「じゃあさ、ママがコタ君を怒る時はどんな時?」

むすめ「・・・・・」

わたし「コタ君がいい子にしてる時に怒るかな?」

むすめ「怒んない・・・」



その後、「ご飯の時はちゃんと食べる、お片づけはちゃんとする、それができてたらママは怒らないんだよ」

という話をし、うなづいた娘。




5歳の娘がどれだけ理解したかは分からないけれど、

とりあえずそこでその話は終わりました。






それにしても、どうして「怒ったママが悪い」という思考回路になってしまうのか・・・・。


色々考えていて、ちょっと思い当たるフシがcoldsweats01







まだ息子が生まれていない、娘一人っこだった時。

不安のかたまり育児だった私は、色々な本を読んで反省したり理想の母を追い求めたりしていました。

育児本にはあまり「感情的」な子育てが肯定的には書いておらず、よく感情のメーター振り切る自分の育児が間違っているような感覚に陥っていた私。



娘を感情的に怒った日は、毎晩反省して寝る前に

「今日は怒り過ぎちゃってごめんねweep

とあやまる日々。

娘は、

「いいよ。」

と。





もしかしたらこれが、「怒ること=悪いこと」「怒ったママが悪い」という思考回路の原因!!??

っていうか、きっとそう(笑)bearingsweat01





母が怒らずして誰が怒る!

怒ることは大切なこと。

大切な子供だからこそ、母は自信を持って怒らなければ・・・!


そんな見解が、何年か前には全くありませんでした。






母が凛として自分の育児を貫くこと。



その大切さを改めて感じた出来事でしたぁ・・・・(;´▽`A``


2010/11/20

初胃腸炎記録。

水曜日、いつものように娘が幼稚園に行った後、息子と散歩しながら息子の大好きな電車を見ていると、携帯が鳴った。

出てみたら幼稚園の先生。

「ゆうちゃん、お遊戯会の練習の途中にもどしてしまいました。一度嘔吐したらすっきりしたようですが、不安そうなのでお迎えに来て頂けますか?」と。


「なんだろ~なんか悪いもんでも食べたかな?」

と思いつつ、すぐに義父に車を出してもらい、幼稚園へ。




お腹の風邪が少し前に流行っていた・・・なんて話を聞き、じゃあそれかなぁなどと思いながら帰途についた。


車の中で一回、家に着いてから一回、その後すぐにだるそうに横になり寝て起きてまた一回、水を飲んで動いたらまた一回・・・・・・と、嘔吐が続き、夕方病院へ。

待合室でも思い切り嘔吐。(もう水しか出てこない)
ボウル持っていって良かったぁtyphoon

頭も痛いというので、母の不安も最高潮・・・・wobblydown




診察室に呼ばれ、先生に診て頂くと、

「水も吐いてしまうようだと、このまま丸一日水分が摂れないことになってしまうので、点滴しましょう」と。


初めて、診察室の奥のお部屋に入り(小手指のH先生ですcatface かかりつけにしている方も多いかも・・?)、そこのベッドで点滴と吐き気止めの座薬を入れてもらいました。



血液検査もしてもらい、すべての数値について丁寧に説明を受けるが、半分くらいしか意味が分からず。(;´▽`A``

とりあえず、大きな問題はなく、ちょっと貧血がある・・というのと多分ウィルス性の胃腸炎でしょうということを理解して、ホッと一安心。




点滴は2~3時間かかるので、そのまま居眠りやぼーっとしながら2人で時を過ごし、娘も点滴が入っていくにつれ、徐々に元気を取り戻していった。

点滴が終わるころには吐き気も治まり、お茶やクッキーを頂いて少し口にする。




その夜は熱が上がり、もう一度吐き気止めの座薬&頭痛が続くというので鎮痛剤を飲ませ、ちょこちょこ水分を摂りながら夜を過ごしました。

そして次の日の朝、起きて食パンを少し食べ、午前中はずっと眠り続けた娘。




眠りから覚めてみると・・・・!



熱も下がってる!
気持ち悪さもない!
頭痛もない!
(ちなみに、もしかしたらこれから下痢もあるかも…と言われていたが、それもない!)




なんて回復力の強い娘shine



その日はちょっと目がぼけっとしていたものの食欲も戻りうどんやお菓子(!)をたくさん食べ、次の日にはすっかり元気になっていました。ヽ(´▽`)/heart04



良かった~長引かなくて。

良かった~家族にうつらなくて。






子供が体調崩すと本当に不安になりますね。(;ω;)

無事回復して良かった~。



いつもお世話になっているH先生、すごく温かい診察をして下さり不安が緩和されました。
ありがとうございましたhappy02






ちなみに、ウィルス性胃腸炎が流行り始めたようです。
みなさまもお気をつけ下さいませ!

2010/11/17

ちょっと早いサンタさん。

「クリスマスにサンタさんにもらいたいもの、そろそろ考え始めなきゃね~」

なんて言ってみたら、娘は早速、雑誌のおもちゃ紹介(読者プレゼント)のページを眺めていました。

何冊も雑誌を出し、ほとんど変わらないものしか載っていないのに全部の雑誌をくまなく眺め、何分かして・・・・・


「サンタさんにもらいたいオモチャ、決まった~!!lovely」  と、娘。






何かというと、

プリキュアの最近のオモチャで、「プリキュア ハートキャッチミラージュ」 ってやつ。


プリキュア関係のオモチャって、テレビのプリキュアが終わっちゃったらお払い箱になるんじゃぁ・・・・ という母の不安をよそに、本人はもらう気満々。


 
でも、よく見てみると、そのオモチャはメロディを奏でることができると書いてある。

音楽に絡んでいるなら・・・!と私も賛成しました。






むすめ「サンタさん、明日おいといてくれるかなぁ(*^m^)note」(おいとく=我が家では、夜中にサンタさんが来た体にして、玄関にこっそり置いておく。→次の日の朝、娘が発見して喜ぶ)


わたし「サンタさんはクリスマスに来るんだよ~  まだ11月だから、もう少し待たなきゃね~。」

むすめ「いつ来るの?」

わたし「12月だから・・・・・まだまだだよ。」

むすめ「・・え~~(;ω;)早く欲しいなぁ・・・」



その後、紙でそのオモチャを作り、遊び始めた娘。

「待ちきれないから、紙で作ったのnote




ここで、母親の力量が試されるところですが。

私は激甘。こういうことはね・・・・sweat01



毎年、クリスマスプレゼントを買ってくれているうちの母に相談してみた。

少し早めに買ってくれないか・・・と。(笑)

だって、「ホンモノのサンタさん」はクリスマスを早めるわけにはいかないものね。



そして、もちろん激甘のばぁばにその日のうちに買い物に連れて行ってもらい、さっそくお目当ての「ハートキャッチミラージュ」をゲットしたのでした(^-^;



ハートキャッチミラージュとは・・・・


Super

こんなん。










前面についている鏡の中に、プリキュアのシルエットが浮かび上がり、色々なゲームができるというもの。
手前の輪の部分を、付属品の棒でくるくる回すと、色々なことが起こるのですが・・・・。


こころの種という付属品をセットしてくるくるすると、メロディを奏でられます。10個ついてるから10曲楽しめる。

私がいいな~と思ったのは、くるくるの速さに合わせて、曲のテンポが変わるというところsign01

幅広いテンポ感が身につくかも知れない・・・などと教育目線で満足。




子供って、なかなか「リタルダンド」(だんだんゆっくり)の感覚をつかめないんですよね。ゆっくりしようと思うと、急に遅くなったり、拍が止まってしまったり。

このオモチャが、後のピアノに役立つことを願いつつ・・・・・。catface



さて、サンタさんには何をもらうんだろう?

2010/11/15

LUX 美容液スフレ

LUX 美容液スフレ
いいもの見つけました!

ラックスの美容液スフレ。

私はクセっ毛が強くて、パーマをかけていても髪の広がりが気になるのですが…。
これは良かった!!

髪がしっとり落ち着くし、手触りも柔らかくフワフワ、パーマが綺麗に出ます。

クセ毛でお悩みの方や、緩やかフワフワパーマがお好きな方は、ぜひ試してみて下さいませ(^^)♪

2010/11/13

コッシー!!!

コッシー!!!
三週間前くらいにAmazonで見つけて即買いした、コッシーのイスカバーshine

なかなか届かないほど(入荷待ち)の人気商品が、ついに我が家に来た〜!lovely

娘の時から使っている豆椅子。もう破れて中のスポンジが出てきてしまってたので、新しいのを買おうかどうか迷っていた矢先の出逢いでしたnote

コッシー可愛いっっっ

椅子もそのまま使えるし、良いことずくめヽ(´▽`)/

ちょっとコッシーの顔がイビツになってるけど、これは私の結び方が不器用なせいで…sweat01 商品はイビツではありません!(言わなくても分かるか…)

コッシーのなかよしイスカバー、1840円ナリnotes

北風と太陽。

「北風と太陽」というイソップ童話、ご存知でしょうか?

マントを着こんだ旅人を見て、北風が太陽に「あのマントを脱がせた方が勝ちですよ」と勝負を持ちかけ、力いっぱい風を送るが、旅人はなお強くマントを巻いた。とうとう北風は諦めて、今度は太陽の番。太陽はぽかぽかと出来る限りの暖かさを送り、その結果旅人は自分からマントを脱いだ・・・・。


というお話。




このお話、私は子育てを始めてから常にテーマにしているんですが、やっぱり自分に余裕がなくなってくるとスポーンと抜けてしまい、ついつい「北風」で言うことを聞かせようとしてしまいます。(ノ_-。)


1歳半の息子のいたずらも激しさを増し、最近では


●わざと口に入れたジュースを出す(お笑いのようにダァーっdownwardrightとね)
●わざとジュースの容器を逆さにして中身を振りこぼす
●わざとテーブルの上の食べ物を床に落とす

などと言うのが彼のお気に入り。

私が怒ると、ニヤッと笑って嬉しそうにするのですsweat01


毎度毎度のことで、怒るのにも疲れて毎日げっそりしていたある日のこと・・・・。


いつものようにいたずらをした時に、怒るのではなく

「お母さん悲しい・・・」

と言ってみた。(本当に悲しくなってきていた(;ω;))


すると、息子の顔が変わり、

「ママ、ママ・・・・・」

と、その行動を止めてくれたのです!

ママごめんね、と言わんばかりにギュウウっと抱きついてきて。



そうか~  怒ってばかりじゃ逆効果なんだ!

と思い、北風と太陽のテーマを思い出しました。




まぁでも、その時は止めてくれても、またすぐやるんだけどね(^-^;








それから、先日お姉ちゃんが弟に向かって激怒していた時、やっぱりいうことを聞かなかった息子。

お姉ちゃんも「怒ってもケロっとしてる弟」に、怒りながらもその怒りを抑えて言い方を優しく言いなおしてみたんですね。

そうしたら息子は「ハイっ」と言って、お姉ちゃんのいうことを聞いたのでした。

あ~やっぱり言い方で変わるんだぁぁぁと思いました。

そしてその後娘に

「コタ君、怒ったらいうこときかないけど、優しく言うとちゃんということきくね。」

と言った時の娘の発言にちょっと驚かされました。





「うん。ひとっておもしろいね!」


だって!!



5歳にして、もしかしたら私より大人かも??

香水。

10代、20代の頃って、香水は「香らせたいもの」として使っていました。

もちろん自分の気分で種類を選んだりするけど、誰かにその香りを感じてもらいたい・・・というか。
自己主張の一種だったのかな。



妊婦時代に香水などの香りを受け付けなくなりスパッと香水をつけなくなって、そのまま育児に追われて香水の存在なんて忘れてしまったり・・・。coldsweats01

(一人目育児の時には、育児が少し落ち着いてからまた同じような理由でつけはじめたりしていたんですけどね。)



ところが最近、あることに気付いたのです!

香水を、「自分のためにつける」。

これってちょっとした贅沢感を味わえると思いませんか?

二人の子供とのドタバタ生活の中、自分がお気に入りの香りを感じていたいから香水をつけて、その香りに癒されるの(笑)
アロマ効果ですよね。


香りも身だしなみの一種として、お洒落して出掛ける時に香水をまとう・・・・という考え方が一般的だと思いますが、どこへも出かけない「お家デー」にも使ってみるといいかもshine

2010/11/05

プリキュア。

うちの五歳の娘。
幼稚園に入るまでは見たことも聞いたこともなかった「プリキュア」に、今はハマっております。

幼稚園では毎日のように「プリキュアごっこ」をしているとのこと!

1ヶ月くらい前にプリキュアの映画の宣伝の旗を見て以来ずっと、
「プリキュアの映画観たいなぁ…!お友達も行くって言ってたnote
と言い続け、ついに昨日、観に行ってきました!!!

一歳の息子は預かってもらい、二人で池袋へ。(あまりやってる映画館なかったsweat02)

プリキュア大好きの幼稚園児&パパやママに混じって、大人の女の子同士の姿も見られました。
大人と言っても学生さんっぽかったけれど、この年代のファン層もあるんだなぁぁと新鮮な驚き。


そして映画は・・・
最初は、「娘のお付き合いだから眠くなったら寝よう~confident」ぐらいな緩さで構えていたのですが・・・

なんと!
泣きそうでした…!

テレビも、普段はちゃんと見ていないから分からなかったんだけど、プリキュアって何気にメッセージ強いんですね~coldsweats01sweat02

人と人との繋がりの大切さや、どんな人にも少なからずあると思われる心の奥の闇と光、その辺りにウルッと来てしまい、鼻水をすすりながらの鑑賞となりました(笑)

当の娘はと言えば、映画館の音量にびくびくしていて「コワイsweat02」なんて言ってるし…coldsweats02
それでも、やっぱり感動もしたようで終わってからは喜んでいましたがconfident


映画ついでに、色々見て娘に何やら買ってあげたりして、楽しいデートになりましたnote

たまにはお姉ちゃんにサービス!!

2010/11/01

発表会が終わりました。

先日、今年の発表会を無事終えることができました。

ドンピシャで台風に当たってしまったにも関わらず、欠席なしで全員出演できたこと、沢山の方にご来場頂けたことを、本当に嬉しく思い、感謝しております。

午前中、まずホールに行った時に「局地的にものすごい量の雨が降ると、ホールの床に水が溢れ出すことがあります」と言うことを聞き、まさかと思いつつもちょっとドキドキハラハラ。。。


他にはない、独特のいい雰囲気のホール。
こんな危険も孕んでいるのは仕方のないことですね(笑)

むしろ、そういったところが好きだったりもします。

でも結局、途中雨音が激しくなったりもしましたが、心配していたよりは台風の影響も少なく(もちろん水が溢れ出すこともなく…)、無事終えることができました。

良かった!!!


いつも思うことですが、子供たちは本番に強いですね~。
みんな活き活きした顔をしていて、演奏も普段より表情が豊かになっていたり。
もちろん、緊張ゆえのミスはありますが、そんなことより緊張感ゆえの輝きのある演奏ができた方が、私はいいと思っています。
子供はそのあたり、本当に強くて羨ましい限り!

大人は、ちょっと緊張の強すぎる方が多かった気がしました。ひとつのミスが動揺に繋がってしまうのが残念。
マイナスよりも、プラスを意識できるように心掛けていって欲しいですね(^^)


聴きに来て下さった何人かの方に、「温かいコンサートだった」という嬉しいお言葉を頂きました。
アミーゴというホールならではの雰囲気に、音楽好きな人たち(出演者も、聴きに来て下さった方も)が集まったからこそのお言葉だと思い、本当に感謝です。

皆さま、お疲れさまでした!!(*^^*)note


P.S.講師演奏で協力して頂いた友人のフルート吹きのMちゃんとギタリストのTさん、素敵な写真を撮って下さったカメラマンのSさん、一緒に発表会作りをし私のボケをふんわりとカバーしてくれたA先生、そして準備や片付けを手伝ってくれた大人の生徒さんたち、ありがとうございました!confident

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ